大道精肉店について
代々続く安心・安全への取り組み

代々続く
「安心・安全」への取り組み

大道精肉店は、宿場町の歴史情緒を残す伊賀市・柘植で、明治二十五年の創業から親子四代にわたって精肉業を営んでまいりました。

代々受け継ぐ信念は、食品を扱ううえでの「衛生管理」を徹底すること。三重県の食品衛生協会にて指導員を務めた先代店主の教えを守り、どんなときにも手を抜かず、安心・安全を維持するための「当たり前」を日々積み重ねています。

創業明治二十五年から伊賀の地でコツコツと、地元の方々に支えられながら、伊賀牛に向き合い続けて一三〇年。このたび、貴重な伊賀牛を全国にお届けするにあたっても、素晴らしい食材を最適な状態で味わっていただけるよう、創業以来変わらぬ丁寧な仕事を続けてまいります。

丁寧な精肉が仕上げる本物の味

丁寧な精肉が仕上げる
「本物の味」

精肉業を営む私たちにとって、「仕入れた素材をどう活かすか」が大きな腕の見せどころ。
実は、同じ品種・同じ部位でも、精肉の仕方によって味わいはさまざまに変わるのです。

精肉のポイントは、なんと言っても「サシ」をきれいに保つこと。サシが繊細であるほど口当たりはまろやかになり、柔らかな食感が楽しめます。

しかし、一頭の肉からおいしい部分を厳選し、その繊細なサシを崩さずに精肉するには、手間やコストを惜しまぬ作業が必要です。

当店では、張り付きや破れが生じやすいスライスも、職人が一枚一枚丁寧に切り分け、きめ細かなサシをそのままに精肉いたします。それぞれの料理に合わせ、手間ひまかけて仕上げた「本物の肉」を、ぜひゆっくりとご堪能ください。

旨みを引き出す熟成へのこだわり

旨みを引き出す
「熟成」へのこだわり

お肉は生ものですから、温度や湿度によって刻一刻とその状態を変えていきます。ベストな状態でみなさまのもとにお届けするには、保管・加工段階における温度管理はもちろんのこと、「切り分けてからの熟成時間」をしっかりと確保することが大切です。

熟成段階において重要なのは、「早くお届けしたい」とはやる気持ちを抑えつつ、いつでも変わらぬ基準でお肉の状態をチェックすること。当店はお肉のプロとして、部位やスライスの厚みによって異なる「最適なタイミング」を見極め、素材の旨みを存分に引き出せるよう努めております。

発送の段階では、配送業者に引き渡してから食材が冷えるまでに、時間的なロスが生じる可能性も考えられます。そのため当店では、あらかじめお肉の質が落ちない温度まで冷やし、状態を入念に確認したうえで発送しております。

店主からのご挨拶

店主からのご挨拶

私たち大道精肉店は、家族三人が営む小さなお店です。個人経営ならではの細やかな品質管理と、お客さま一人ひとりに向き合う姿勢を大切に、親子代々このお店を受け継いでまいりました。

大きなお店のように、手広く事業を扱うことはできませんが、そのぶん目の前にある一つひとつの作業を丁寧に行い、一貫した責任のもと、精肉から販売までを手がけています。

そのうえで、お客さまがお好みの形で伊賀牛を召し上がれるよう、お肉の大きさや厚みなどのオーダーカットにもお応えしております。「どう食べるのがおいしいか」といったお悩みについても、個別にご案内いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

お客さまから寄せられる「おいしい」の声を励みに、今後も精魂込めて作業に向き合ってまいります。